カヤック

2020年08月04日(火)

大村湾 漕査 第14レグ(長崎市琴海尾戸町の港〜琵琶ノ首鼻)

2020年7月18日に漕ぐ

大村湾漕査14回目、長崎市琴海尾戸町の港から漕ぎ始め、西彼町風早郷、琵琶ノ首鼻のスロープまで漕いだ。

出艇場所に到着後、速やかにカヤックを組み立てた。
静かで良い港なのだが、カヤックの出艇場所としてはあまりオススメはしない。

今日は風も弱く穏やかな海を楽しめるだろう、そんな期待を胸にし、艇を海に浮かべ乗り込む、カヤックは滑るように浮いて今日の漕査をはじめる。

港を出るとすぐ正面に天狗島が見える。

写真では右側2つの島が天狗島

今回の区間は海岸線は複雑で島も多く、風景の移り変わりがあり、漕いでいて楽しい。

天狗島を右に見送って進む、空も広くて気持ちがいいね。
途中みかけた“変な岩”

気持ちよく漕ぎ、海と空を満喫する。

写真では分かりづらいが、右に湯島があり、湯島と陸の間をぬけて通る。

島々の脇を進む、とても静かな海だ。
こういった海とみどりに囲まれた静かな場所をカヤックで漕ぐ事は、僕にとっての大きな喜びのひとつだ。

漕ぎをやめて休む。

島の間を進んでゆき、見えてきた階段状のスロープに接岸し上陸する。
出艇場所として使えない事もなさそう。
ここからは『前島』『湯島』『末島』などへのアクセスが良い。
商店・お手洗い・駐車場などは無いので、利用する場合には適切な判断が必要。

すぐそこには長崎バスの『元越バス停』がある、近くでは釣人の姿も見えた
スロープの奥には神社もある。

離岸し進むと、先程のスロープから北340mの地点にも階段状のスロープがある、休むには丁度良い場所だ。

スロープの様子。
近くにはハマボウの花も咲いている。

その後も漕査をすすめ。

荒れた浜とS字階段
上陸できそうな階段・砂浜
この周辺で良くみられる、大きい岩石を積み上げた防波堤

福袋崎(ふくろさき)を回ると綺麗な砂浜があり上陸してみる。

浜から伸びる道?があったので進んでみた。
少し登るとベンチがあった。
ベンチの場所からは展望がある。

この後、さらに道を進んでみたのだが、何かの施設につながっていたので、引き返してきた、私有地っぽい(もしかして上陸してはダメかも)

そして、最終的に琵琶ノ首鼻のスロープに上陸をして、今日はここから引き返す事にした。

それにしても無駄に急なスロープだ。

このスロープが急なのでカヤックを持ち上げるのがすこし大変だった。
コケたり滑らないように慎重に上がる。

次回はこのスロープを使ってさらに北上したいと思うのだが、このスロープの使用には若干ためらいがある(使いにくいので)

スロープの使用が厳しい場合スロープの近くの砂浜を使おうと思う。写真上中央にスロープ。

この後は帰りながら、少し釣りをして帰ったのだが、思わぬ大物(僕的には)が釣れておどろいた。詳しくはまた今度。

良型のアラカブ(カサゴ・ガシラ)

魚が釣れたのは良いんだけど、クーラーボックスなどは無いので焦った。
出艇場所へ戻ってから、すぐにカヤックを分解しパッキングして、最寄りのコンビニへ急ぐ。氷を買い求め、魚と一緒に袋に突っ込んで凌いだ。

相変わらず梅雨で天気が悪いのだが、チャンスを見つけて積極的に漕いでゆきたい。今は山より海だ。

Copyright © 2021 趣味に生きる All rights reserved.