カヤック

2022年04月22日(金)

大村湾、川棚町の葉島。

4月に入って気温も上がってきたため、今年始めてのカヤック遊びへ出かけた。
昨年までは大村湾の外周をひたすら周っていたが、今年からはもっと自由に大村湾を巡って遊んでみたいと思っている。


さて今年始めての漕遊だが、大村湾の川棚町、小串浦にある葉島と弁天島を周遊して遊んできた。

葉島の位置、川棚町に属し大村湾の北側にある。

川棚町は大村湾では北側に位置するが、長崎県全体では中央にあると言える。
風光明媚な場所であり、自然も豊かであり個人的にはお気に入りの町だ。
大村市側から国道をつかって川棚方面に走る途中、海越しに見える川棚の町はとても雰囲気が良い。

小串浦の入口にある『葉島』

葉島についてはほぼ情報が無い。何か分かれば追記するか、この記事を消すなりしたいと思う。

GPSの航跡(拡大可能)
この日は大崎海水浴場の裏手から船を出してまずは葉島を目指した。途中は竿を出しつつ、のんびりとやる。
瀬戸ノ島と陸地の間を通って抜けて進む。

途中は竿を出して遊ぶ。浅い所ではフローリングミノーを走らせ、深い所ではメタルジグを落としてしゃくる、が反応全く無し。

そうこうしている間に葉島が良く見える様になってきた。写真撮影しながらよく観察する。島の周りを一周してみようと思った。

小串浦に浮かぶ『葉島』が近づいてきた。こちらは島の南側。樹間に見える白い点のようなものは鳥である。
葉島へ近づく、こちらは西側の岸、海岸線は岩がゴロゴロしているのがわかる。
葉島は野鳥の住処になっているようだ。
南側の岸、大きい岩が転がっている、手前は浅く棚のようになっている。
西側、こちらも浅く大きな岩が点在している。底を擦らない様に余裕をみて巻いて北側へ向かう。
北側の浜、こちらも岩が転がっている。
島の周辺は全体的に浅いようだ、ところどころで岩があるためカヤックの底を擦らない様に注意して漕ぐ必要があった。
島の北側の海底でみた、コンクリートのブロックがいつくも転がっている。簡単な漁礁??
これは嬉しい発見。島の東側に小さな砂浜があった。葉島で唯一の安心してカヤックで接岸できる浜であった。
潮間帯に上陸。

上陸後は浜の上にカヤックを引き上げる。船が流されると遭難状態となるので。(電話は通じそう)

浜から突き出ている2本の鉄の棒が危ない。なんの棒だこれは。

最初は島を周りから見られれば十分だと考えていたのだが、この砂浜からは簡単に島へ上陸できるようだ。みたところ下には草も生えていないし歩きやすそうな島であった。

Protected Area

ここはパスワードが必要です。

葉島は特には何もないけどまとめるとこんな感じの島だった。

・鳥(サギ)の巣がたくさんある。
・鳥の糞がたくさん落ちて白くなっている部分がある。
・鳥の死体が転がっている。
・島の中央部(頂点部)は濃い笹薮に覆われている。
・南側の斜面は崖で歩けない。
・北側の斜面を使って東西への移動が可能。

この後は浜へ戻り次の島『弁天島』へ向かってみた。

葉島メモ:周囲166m、面積 1852平方m、560坪、0.185ha、大きさ南北に36.4m、東西に66m
(数値は概算)

Copyright © 2021 趣味に生きる All rights reserved.
This blog is written by ????