カヤック

2022年06月25日(土)

大村市、西海市 玉子島を訪ねる。

この日は大村湾、西海市に属する 玉子島で遊んできた。

最初の計画では、この島の少し南にある『ヘタ安甫島(へたあんぽじま)』と『沖安甫島(おきあんぽじま)』へ向かったのだが、どちらの島も上陸している釣人が多かったため、予定を変更し、近くにある玉子島へ向かう事となった。

さて、玉子島の場所は西海市西彼町に属している。

玉子島の位置、大村湾。
GPSの航跡データ。近くには焼島。

玉子島から南に約1.6kmの位置にある小さい港から船を出した。近くには釣人一名と、軽トラの荷台には猫。ちなみにこの場所にはお手洗いは無いのだが、近くにガソリンスタンドがあるので、お手洗いを使いたい方はガソリンを入れましょう。

西海市 大串郷の小さな港から船を出した。

※これまた余談なのだが、この時、湾内で女性が釣りをしていたのだが、どこかのおじさんが話しかけていた。僕は女性と言うのはいちいち男に話しかけられて大変だなぁ、せっかくの休日なのに、と少し同情していたのだが、この日カヤックを終えて帰ってくると、女性だと思っていた釣人はロン毛のにーちゃんだった。僕はこころの中でおじさんに(すまん・・)と謝った。

さて、カヤックを組み立て出発。今日は午後は風が強くなりそうなので早めに上がる予定。

船に乗り込みパドルで岸を突いて離岸する。

適当に漕いで良い塩梅に冲まで出てから釣りを始めた。今日は餌釣り、胴突き仕掛けに大きいキビナゴをつけて沈めてみる。底まで落として待ったり、上下にゆっくり動かして誘ってみたり。

※胴付き仕掛け(胴突き仕掛け)とは、幹となる糸に、枝わかれした糸と針をつけ、幹糸の下部にオモリをつける仕掛けである。海中を探るように釣る。

南側から見る『ヘタ安浦島』と『冲安浦島』

釣りをしながら島へ向かっていると、島の方から大きい声が聞こえてきた。まさかと思いながらも近寄って行くと島の上に人影が見えている、釣人のようだ。

ヘタ安浦島、左側の岩場に釣人の姿が。
これは『冲安浦島』こちらも釣人でいっぱい。

多分だけど、チヌ狙いと思われる。撒き餌をしていたしフカセ釣りだろう。

今日はこの両島で遊びたかったのだけど、人も多いし釣人の邪魔にはなりたくないので、予定を変更してさらに北上し『玉子島』へ向かう事にした。

左が『玉子島』、右が『焼島』

玉子島がはっきり目視できる距離まで近づいて行く。

小さい、玉子島。

玉子島は外周は70m程、面積は392㎡、118坪程の島だ。※当ホームページ調べ

だいたいだが120坪と言うとテニスコート2面分ぐらいの大きさになるらしい。そのくらいの大きさの島だ。

島の周りは浅くなっている。暗礁にも注意。

回り込んで行くと、島の西側に潮間帯が露出しており上陸して休む事にする。

ここが島唯一の上陸ポイント。
カヤックはロープで結んでおく。

単独行なのでカヤックを係留する事にした。10mのフローティングロープ、スリング、カラビナ。万全とは言えないけど、何もしないよりはマシかな?と言う程度である。

浜から島の中を見ると、階段が作られている。

登ってゆくと、小さく平たい場所があって、その奥には祠があった。

祠。

祠は鉄筋コンクリート造で、屋根は住吉造を意識した意匠となっている。

鉄筋が露わになってしまっている。
汎用品の一般ブロックなども利用されているようだ。
祠の周囲の植物。すぐ裏は海でこの島がいかに小さいかわかる。
昭和55年7月4日改修とある。祠を建立した方の名前が彫られている。

最初は神道のお墓かな?とも思ったのだが、神道のお墓の場合は墓石の上が尖るはずだし、遺骨を納める所は無いようだった。

祠の中、鉄の扉。

祠の中にはさらに2つの社がある。それぞれの祠は石の観音扉をもっている。

あまり人が訪れてないのかもしれない。頻繁には清掃はされていない様に見えた。

良く観察して、祠の裏も見てみたが特には何もなく。

祠の前の階段(最上段)
階段上から見る僕のカヤック。

この後、上陸した所から島を歩いて一周してみた。

ハマボッスが咲いている。
岩が面白い。
この辺りは・・
水に入って歩く。
島の裏から、わかりにくいけど祠が見えている。
島の裏で見たお花。
ノバラ

他に島で見られたお花たち。

カラシナ?
ハマボッス
ハマウド

こんな感じで『玉子島』を満喫?

この後は釣りをやりながら帰る。時間の許すかぎり粘るがアラカブが1匹釣れただけ。昼を過ぎると予報通り風も出てきて風速4m逆風の中漕いで帰る。

おつかれさま。

今日は玉子島を見る事ができて楽しい一日となった。これで魚でも釣れればもっと良いのだが、やっぱ魚探いるのかなあ?なんて考えてしまった。

玉子島について何かわかれば追記するか、記事を削除する事もありうる。

Copyright © 2021 趣味に生きる All rights reserved.
This blog is written by ????