カヤック

2019年04月08日(月)

フジタカヌー Dリング追加について

これからフジタカヌーのアルピナなどを購入しようと考えられている方で、Dリングの追加が良くわからない方もいるかと思う(僕がそうだった)

そんな人のためにDリングの追加について僕なりにまとめてみたので参考にしてほしい。

カヤックの前後のデッキにしっかりと荷物を固定したい場合には、Dリングを追加した方が良いのだと言う、Dリングを追加しないとしっかりと固定出来ないのか?(どのくらいの固定力なのか?)という謎は残るが、Dリングの追加は後から簡単に出来るものでは無い様でカヤックを注文する時にオーダーするべきものの様だ。

Dリング追加には、デッキラインやセーフティラインを通すループを、通常よりも強度のある25mmベルトへ換装し、そこへDリングを取り付けるという加工が必要となる。

ベルトの強度が増す事で、荷物の固定力が上がるという理屈だ。

おそらくその気になればいくつでも取り付け出来るのだろうが、前後最大でも12個(前6・後6)ぐらいまでが常識的(?)な範囲のようだ。一般的には前後8個(前4・後4)というところか・・。

さて、そのDリングだが、アルピナ2 430EXの場合は数、位置ともに自由に指定できるようだ。

また、良くみるとカヌーの前後とは別に側面にもループを通す所があるが、この部分は最初からDリングがついている、このパーツはコーミングカバーをカヤックに接続する時に使うものだ、またそれとは別に左右2ヶ所、コードを通すためのループがついているが、ここをDリングに換装する事も可能となるが、効果の程は?で、なにかを強力に固定したい人などはここの部分をDリングへ変更するという事らしい。

ちなみに僕は前4・後4、合計8つのDリングを追加している。
効果のほどは、まだ実感できていない、これからじわじわ分かってくるのだろう。

Copyright © 2021 趣味に生きる All rights reserved.