カヤック

2019年04月23日(火)

大村湾 漕査 第1レグ(大村市、大村海岸〜新蔵波止)

今日から大村湾漕査をはじめようと思う。

第1区間として、森園公園の大村海岸から漕ぎ始めて大村城裏の新蔵波止までを漕査した。

とりあえず、GPSの航跡データを掲出する、地図上にプロットしている各地点については目測で入れている部分もあるので多少の誤差がある。

ちなみにレグ【leg】とは(スポーツ競技などにおける)一区間。

拡大可能

地図上にプロットしている各施設の利用については、関連団体に許可をとっているものでは無い、たとえばスロープや港の利用に関しては明示的にカヤックの利用が禁止されている様子(今回の区間では)は見当たらないものの、カヤックで遊ぶために駐車禁止の場所に車を停めるなどで、湾港利用者の業務を妨害する事は常識的に許されないので各自留意する必要がある。

基本的に地図上にプロットしてあるスロープ、小階段の類は利用できないと考えてもらった方が良い。ではなぜ記載してあるかというと、事故発生時の緊急避難に使える可能性を考慮しての事だ。またスロープはともかく小階段と記載してある部分は上陸はかなり厳しいと思ってほしい。艇を捨てて空身で退避するような究極的な状況を考慮しての記載となる。

また海には潮の満ち引きがあるため、浜なども利用できる場合とそうでないケースが発生する、また川もできるだけ遡上して調査をしているが、潮の関係で橋の下を潜れないケースもありえるので用心して欲しい。

そして海から上陸出来たとしても、その場所を利用してカヤックを出艇させる事が出来るとは限らない点にも注意が必要だ。

以上をよく注意して興味がある方は地図を見てほしい。
なお、この調査は僕自身のために行っているものを公開しているだけなので情報の正確性などについては保証できかねる点にも注意してほしい。

さあ、とりあえず行ってみよう。

久しぶりのカヤックは、フォールディングカヤックの組み立てに手こずってしまった。

リブフレームの前後を間違えてカヤックを最初から組み立て直したり、組み立て終わりさあ出発だ!と思っていたら分割式のパドルがどちらもオスで、自宅までパドル交換に走ったりして準備に1時間半ぐらいかかってしまった。

大村市の森園公園近く、通称大村海岸、フォールディング・カヤックの出艇場所として利用できる。カヤックは砂浜で組み立てると、アルミフレームに付着してパイプの噛み合わせが悪くなるため、最近は芝生のところで組み立てている。

さあ出発だ。

足を海へ入れてみるとジーンと冷たい。
カヤックにまたがって出発。

2019年の漕ぎ始め、今日も静かな大村湾。

森園公園の大村海岸から出艇し、海岸線沿いを丁寧に観察しながら、大村城裏の新蔵波止まで漕いでゆく。

上陸できる小さい浜が見えてきた。

上陸できるからと言って、カヤックの出発地点として使えるとは限らない。
例えば上のような浜は上陸して休む事は出来ても、砂浜にカヤックを降ろす手段が無いので、出発場所としては利用できないのだ。

海岸線沿いに漕ぎながら地図上に位置をマーキングしてゆく。

階段は潮が引いたときに現れる陸地に降りるために使える事もある。
右側の浜にはスロープが見えているが、門が閉じられていて利用できない。

東浦漁港の脇から、大上戸川へ入る。

できるだけ川も遡上してみて、上陸可能・出艇可能場所を探してみる。

下から見上げる桜が綺麗。
しばらく遡上してゆくと、これ以上進めなくなる。

地図上に『遡上限界』と書き込む。大上戸川はここからも出艇できなくも無さそう。ただし干潮時はこの場所は水位が下がるかも。

大上戸川を河口へ戻る。
橋の下を潜る。

大上戸川と内田川の間にある名前がわからない川も調べる。

すぐに行き止まりになる。

また別の水路へ入る。こちらの川は『丹々川』と言うそう。

使えそうなスロープがあった。
ここもすぐに行き止まり。

次は安田オーシャンホテルの脇から、内田川へと入る。

安田オーシャンホテルは船を所有しており、空港との間で送迎に使っているようだ。内田川周辺を漕ぐ時は船の往来に特に気をつける必要がありそう。
内田川へ入る、橋があるが水位が・・
見た目以上に余裕があって、ちゃんと潜れた。
いくつか橋があり遡上シて進む。

大上戸川などはすぐに遡上限界に達したのだが、ここは漕いで進める。
道路を歩いている子供たちの視線を感じながら進む。

漕いでいると、二羽の白鳥がいた。

カヤックを漕いでいるだけなのだが、白鳥を追い立てるような格好になってしまった。そのうち内田川が2股に別れ、そこでつがいの白鳥が別々の川へと入る。
これ以上遡上を続けると、白鳥の迷惑になると言うことで引き返す事にした。

白鳥さん、ごめんなさい。
内田川は2股に分かれる。

どこまで遡上できるのかわからないのだが、また今度調査してみたいと思う。

その後は、内田川を河口へ戻り、また沿岸を漕いで進む。

大村ボート(競艇場)が見えてきた。
フェンスの横を進む。

競艇場の脇は、コンクリートの壁があり普通に漕いで進める。

この先に玖島崎キャンプ場がある。
海上から見る『玖島崎キャンプ場』は無料で利用できる。

あまり有名では無いようだが、こんなロケーションにキャンプ場があると言うのは、カヤッカーにとってはなかなか便利だと思う。

うまく利用できれば大村湾のカヤック遊びにも利用できるかも知れない。

玖島崎キャンプ場について知りたい方はこちらをクリック
https://www.city.omura.nagasaki.jp/

竜神島へ回り込むと、竜神島と玖島崎を結ぶ橋の近くに浅瀬があった。
水深が浅く絶好の上陸ポイントだ。

玖島崎キャンプ場にカヤックをつかってアクセスしたい時はこの浅瀬から上陸すると良さそうだ。

地味な名所、『大村藩お船蔵跡』、現在は大村高校のヨット部が使っているのだとか?

『大村藩お船蔵跡』は大村城(玖島城)に付随する施設で、藩が所有していた船を格納する場所だったそうだ。陸上から撮った写真が見つからないので、再撮影し掲載したい。

そして、大村城の裏にある新蔵波止へ到着。

ここで今日のカヤックは終わり、じゃなくて、ここからスタート地点の大村海岸まで戻る(バイクを回収する)

その後、臼島へ立ち寄り軽く上陸。
臼島の謎の岩を見て帰る。

臼島から帰る途中は海にうねりが出てきた。
転覆するようなうねりでは無いのだが、無心で漕ぐ。

大村市では、農家は午後には焚き火をしないのだと聞いた。
午後は風が強くなり危ないからという理由からだ。
そう言われてみれば、カヤックで遊んでいる時も最初は大村湾は穏やかで凪いでいるのだが、午後からは海にうねりも出てきて、すこしドキッとした事が何度かあった。

気象というのは地域的な特性・パターンがあると思うので、『大村市は午後は風が強くなる』・・を意識しながら遊んでみようと思う。

大村海岸に到着、疲れた。
後片付けをして帰る。

このようにして本日の漕遊を終える。
やはりカヤックは海岸線沿いをまったり漕ぐのが楽しい。
今回は何人かの人たちと挨拶を交わす事も出来た。

次回は大村公園の裏から漕ぎ始めて、三浦半島まで漕いでみたいと思っている。

4/6、当日の大村湾の表面水温は16℃程度
意味があるのか・・当日のタイドグラフを貼ってみる。

Copyright © 2021 趣味に生きる All rights reserved.