カヤック

2019年04月29日(月)

大村湾 漕査 第2レグ(新蔵波止〜三浦半島(西部町))

大村湾の漕査第2回目、今日は前回の続きで大村城裏の新蔵波止から出発して南下し、鈴田川河口へと進み、三浦半島を進みつつ上陸・出艇可能な場所を探す。

パソコンはクリックで拡大できます。

天気快晴、じわりと汗ばむ陽気。
芝生のところでまったりと船を組み立てる。

大村城裏の『新蔵波止』へやってきた。
大村高校のボート部かな。

高校ボート部の練習初めて見た。いかにも高速艇らしい、日本刀のような細い船が印象的だった。沈の練習もしていたけが、ライフジャケットをつけていない様に見えた。それでいいんだ?(批判の意味はなく素朴な疑問です)

新蔵波止の砂浜から漕ぎ出す。

新蔵波止から出て一番近くの川を遡上してみる、調べてみたが川の名前が分からなかった。分かり次第追記するようにしたい。

名称不明川を遡上する
水が汚い。

この川の水が汚い、大村市の汚水処理人口普及率は98.8パーセントと県内13市の中で最も高い普及率だと言うが本当だろうか?

こんな汚い川では遊びたく無いので引き返す。

大村港へ入ってみた。

前舟津にある大村港へ入ってみる、湾内にはスロープなどなさそう。
そんなに大きな港ではない。

大村港の一部として存在している『寺島』は歩いて渡れる。
海岸沿いには舟を座礁・沈没させる暗礁もちらほら。フォールディングカヤックの天敵でもある。
注意と書かれた岩、漁船がぶつかるのかも。
こちらは海底から突き出た柱と竹(謎の柱)何に使われているのか。
海岸線沿いに鈴田川河口へ進む。
鈴田川河口、舟の侵入を拒む浮きの設置を確認したので引き返す。
鈴田川でみかけた浮遊ゴミ、飛行機?

その後で三浦半島沿岸へ入る。
ここから海岸線沿い緑が多くなる。

気持ちよく漕ぎすすめる。

進んでゆくと、上陸できそうな砂浜があった。

小さな砂浜で階段も見える。

砂浜に上陸。当日はいつも飲んでいる酔い止めの薬を飲まなかったので軽く具合が悪くなっていたのでしばらく休む。その後、階段を登ってどこに通じているのか確かめたのだが、これは良くない・・なにかの施設の私有地だった。

海岸の様子、どこかの企業?の私有地だった。上陸は砂浜だけにしておく、階段の上にはぜったいに登らない事。

カヤックを出発させるのに丁度よい場所はなかなか無いものだ。

三浦半島を南下中。
水深があまり深くなく海底がよく見える。じっと見ていると貝(ケマンガイ?)が転がっている、ケマンガイは食べられる貝だが、漁業権の問題もあり採取はダメだろう。それにアサリと比べても味が落ちる。
2つ目の砂浜を発見して上陸、砂浜は上陸しやすい。
上陸すると駐車場・朽ちた公衆トイレなどがあり、こころがときめく・・・が・・

ここはカヤックの出艇場所として使えるのでは?と思ったが、
道を歩いてゆくと、なんと立ち入りが禁止されている。

ロープが張られており、立ち入り禁止の看板が立っている。

駐車場や公衆トイレまであったのに立ち入り禁止とはなぜだろう。

ここも海から砂浜への上陸は可能で休むのには使える、車を使ってのアクセスは不可能と判断。

目的地に到着。
スロープが見えてきた。
なんとか上陸、出艇できるレベル。

三浦半島西部町にある、海へ降りれるスロープ。
県立精神医療センターの近くだ。

このスロープはカヤックを出すのに使えるので、次回はここから漕ぎ始めてさらに南下して調査したい。

満足したので出発地点へ漕いで戻る。

漕いでいると前方に何か大きなものが・・

一瞬スナメリか?と思って慌ててカメラを用意。

エイだった、あまり元気がなく、見ているとゆっくり海底に沈んていった。

海で泳いでいるエイを見て、ちょっとだけ嬉しかった。

清々しいな。

漕ぎながら、気持ち良い青空に、幾筋かの飛行機の跡。
潮風に吹かれて気持ちよく漕ぐ。

海面ばかり見ていると忘れがちだが、空の広さに目を向けると、その大きさに包まれているような気持ちになる。こころまで大きくなる気がする。

新蔵波止へ戻ってきた。高校生はもういなかった。
おつかれさまでした。

次回は今日発見した、三浦半島の出艇場所から出て南下し一気に大村市の南端を目指す。大村市街地から離れるとだんだん情報が少なくなってくる。

ちなみに、当日の大村湾の海面水温は推定16℃

Copyright © 2021 趣味に生きる All rights reserved.