カヤック

2021年10月27日(水)

大村湾 漕査 第28レグ(松原〜八幡)

2021年9月26日に漕ぐ。
この日は松原漁協近くのスロープからカヤックを出して八幡突堤近くのスロープまで漕いだ。

クリックで拡大可能

朝早くスロープ前でカヤックを組み立てる、周辺には釣り人の姿も多く見られた。
カヤックを組み立てていると、付かず離れずの距離からジッと見つめるおじさんがいて調子が狂う。

さあ、出発しよう。

凪いだ湾内を静かに漕いで波止から外へ出る、鹿ノ島(かのしま)から突き出している岩場で若者が釣りをしている。
そこから沖合いに50mも行かない所で水面がざわついていたので、めがけてルアーを何度か投げると、すぐに当たってきた。そんなに強い引きでも無く、チヌかな?と思いながら巻いてゆくと、なんとシーバス(スズキ)だった。

鹿ノ島の突端、釣りをする若者たち。
このような感じで海面がザワザワしている、これにルアーを投げ込むとすぐに当たる。
シーバス(スズキ)だ。

まさかスズキが釣れるとは思って無かったので、どうやって持って帰ろうか?と内心焦った。
今日は大きいクーラーボックス持って来てないんだよね・・(見てのとおりダイソーの安物クーラーです)
とりあえず近くの浜に上陸して血抜きをする。

50cmのスズキだった、スズキも捕れたが八幡を目指さねばならない。
『松原しおさい公園』の波止ではスナメリ(だと思う)の姿が見られた。海面に現れるたび(フシュ〜)という呼吸音がしている。

松原しおさい公園にもスロープはあるのだが、ここのスロープは使いにくい(と言うかほぼ使うの無理)ので寄らずに、太陽光発電所の沖へ向かう。

大村市の大規模な埋立地、昔は火力発電所があったそう。今は太陽光発電の基地となっている。

風は弱いのだがこの周辺からうねりも強くなってくる。頑張って漕いで八幡突堤前の小さな湊へ入る。

八幡突堤の北にある小さな港へ入る。

八幡突堤のスロープは『関係者以外の使用禁止』と書いてあるので、黒丸町にある八幡突堤手前の小さい港のスロープを使って上陸した。

小さな港の様子。さらに奥に八幡突堤が見えている。
この港なかなか良い。カヤックを組み立てるスペースも車を停める余裕もある。また人が少ないのも良い。
湾の隣は砂浜、一見良さそうだが・・
隠れた岩がゴツゴツしているため、カヤック遊びでこの浜を使うと痛い目にあいそう、注意したい。

本日はこの港で折り返して、松原まで戻った。
スズキが腐るので早く帰ろう。

本日の漕遊終了。
なんだこれは、恥ずかしいぞ。

不意に大物が釣れた場合に備えてちゃんと大きいクーラーも用意しておかないといけないね。
最近そこそこ大きいのが釣れるんだよね、なんでだろうね?

さて、大村湾漕査も次回が最終区間となる。この3年の集大成だ。

Copyright © 2021 趣味に生きる All rights reserved.