カヤック

2021年10月17日(日)

大村湾(長与町)の二島でキャンプ2nd#2

誰もいなくなった二島でキャンプ。海岸に落ちている乾いた流木を集めて焚火の準備。

焚き木は多めに集める。流木は何故か竹が多い。
今回初めて使った焚火台。なかなか使いやすい。

まずはアルミポットでお湯を沸かす。

ビールぐびぐび。
だんだん暗くなってきた。
北側の海岸は波・風が強い。
沸いたお湯でアルファ化米の五目ご飯を作る。
今日の夜食。

今日の晩ごはんは『焼き鳥』と『肉・ソーセージ』味付けはシンプルに塩。
風が強いので焼けるのに時間がかかる。

この後はとっぷりと日も暮れて、月は中秋の名月らしく丸く明るい。

何をするわけでも無く、ビールを飲みつつ焚火を見て過ごす。

さて、この後はテントの中に入って(無線機で)ラジオを聞いたり、オヤツをつまみながらビールやアイスコーヒー飲んだりして、ダラダラと過ごす。寝ようと思ったが何故か寝付けず、夜中の1時ごろに竿をもって桟橋からルアーを投げてみる。ルアーを巻くと海水がほんのり光って『夜行虫』。注意して良く見ると、ところどころで海中が光っている。魚はいる様だが、特に釣果も無く。夜光虫の海では魚は釣れにくいって聞いた事あるな。

夜の海。

少し過眠して朝4時ごろから釣りを開始するも反応薄く、島に近寄ってきた小舟からも「当たらないなー」とぼやきが聞こえてきた。島の周辺には船が4艇ほど集まってきている。
僕も黙々とルアーを投げるが釣れない、ただ釣れないんだけど、静かな朝の海へ向かって投げるルアーは気持ちが良い。
無いテクを駆使していろいろ探ってみるが釣果は無し。

朝まずめの大村湾。
日も登ってきた。
桟橋の様子。

朝飯も食べたいので、焚火台でお湯を沸かして、パスタを作り食す。

焚火中。
湯でパスタを茹でる。

パスタは『サラスパ』でこれは茹で時間が短いのと、コンパクトで登山など軽量化が求められる野外活動にピッタリで、この世界での『ド定番』なのだ。

パスタ完成。具はない、サイドメニューも無し。
撤収、パッキングして帰り支度。
桟橋の様子。有志によって修繕されているのか、床に板が張られていた。
朝の二島。
また来るよ。
帰りもまあまあ風があって海もうねってはいたけど、昨日ほどではなかった。

帰りは途中で竿を出しながら帰った。底までダイソーのジグを落として探っていると、良型のキビレが釣れた。

潮井崎公園に到着後帰り支度。

と言う訳で無人島キャンプを楽しむ事が出来て良かった。また来年も遊びに行けるといいね。

Copyright © 2021 趣味に生きる All rights reserved.