カヤック

2018年08月08日(水)

諫早市の無人島、竹島へ(3)

諫早市の無人島、竹島。洞穴探検が終わったら、
次は島をぐるりと回ってみる事にした。

島の鞍部は崖になっているので、こちらからは上陸出来ない。

写真でみると、そんなに高そうには見えないが、実際は4〜5m以上ある。

島を下から見上げる、ゴロゴロと石が印象的、そして松が生えていた。

海は凪いでいる、カヤックの上でカメラを構えての撮影。

潮の流れはゆっくりでも、カヤックが徐々に流され回転する。
撮影に夢中になっていると、艇がいつのまにか流され岩へ接触しそうになる。気をつけなければ・・。

島の断面、日本シームレス地質図によれば、後期中新世(N3)に火山岩類(非アルカリ火砕流)に分類されている

約700万年前〜170万年前に爆発的噴火により高速で流れ下った軽石や火山灰(火砕流)との事だが、見た目もそんな感じだ。

崖の波打ち際が波で削られて凹んでいる。
ここに波が入り、ドボン・・ドボン・・とユニークな音を立てていた。

島の側面には向こう側(島の反対側)まで貫通している穴も見られた。
空身で泳いで向こう側まで泳げるかもしれない。
(ぜったいにやらないけど)

島の東の突端を回って、南側へ移動する。

竹島の南側は北側と違い、比較的なだらかであり、カヤックを寄せて上陸できそう。

上陸できるとは思ってなかったし、完全に予定外だったが、上陸を試みる。

こういう島への上陸は思ったより難しい。
というのは、海底から岩が突き出していると、カヤックの底を擦ってしまう。
カヤックのボトムは布とは言え、頑丈な素材であるが、それが鋭利な岩だと裂けてしまうかもしれない。
海底に目をこらし、島へと接近するが、海底に隠れている岩を探すのは言うほど簡単では無い。かなり接近しないと気が付かない。

もうそろそろ、艇のボトムが岩に擦りそう・・というところでカヤックから海へ降りたが、カヤックはぐらつくし、思ったより深くて、股下まで海水に浸かる。

カヤックを引っ張ってゆき、持ち上げて浜へ上陸。

ちょっと島へ上陸して、すぐに引き上げるつもりなので、係留などはしない。というより係留の方法がわからない。

たぶん『もやい結び』を使って、何かとにかく頑固そうなものに接続するのだと思うが、港などに行って係留している漁船を見ると、もっと複雑な結びが使われている。

とりあえず、水筒だけ持って、島の上へ。

竹島は東西に長い島だ、島の中央は凹んでおり、鞍部のようになっている。この部分は潮の影響を強く受けるのか、植物がほとんど生えていない。上の写真は島の西側から東側を見て撮影。

上陸したのは島の鞍部だ。
岩がゴロゴロとしている。

すぐにここはキャンプできそうだなぁ・・と思った。

岩だらけの島だ、これは軽石なのかもしれない。

この後、島の西側にある三角点を見てみようと思って歩いて行ってみた。

蜘蛛の巣が多くて進みにくい。

蜘蛛の巣を払いながら進んだが、途中で松の枝が邪魔をして進めない。
強引に突破する事も出来るのだが、今日はやめておいた。

次は島の東側から西側を見る。

島の北側は崖、南側はなだらかである。
向こうに見えているのが鹿島。
島の西側はヤブが濃い。

元々上陸するつもりはなかったので、島の探検は今回はやらない事にしました。また今度。

艇に乗って島から離れる。
隣の鹿島へ向かいながら、竹島を観察。

南側はいろんな場所から上陸できそう。

竹島の西には、謎の棒が立っていた。

竹島の西側の岸、複雑な地形。

そして、すぐそこに見える鹿島へ向かう。

次回は海の上から有人島の鹿島を見て回ります。

Copyright © 2021 趣味に生きる All rights reserved.