カヤック

2018年08月17日(金)

諫早市の有人島、鹿島(かしま)

竹島から鹿島へ、その距離わずかに270m。

小魚の群れが勢いよく飛び跳ねていた。

その様子をカメラに写そうと何度か試みるが、なかなか難しい。
カメラを構えると現れず、ファインダーを覗くのをやめると飛び跳ねてくる。

鹿島へ近づくと、島の東に“あのポール”が立っていた。
臼島にもあったけど、これは何の目印だろう。

鹿島の沿岸を漕ぐ、次々といろんな人工物が見えてくる。

島で作られた蜜柑を船で運ぶ時に使う桟橋のようだ。
錆びた農業用モノレールの軌道が見えた。

その先では、島に電気を供給する電線の存在も確認できた。

※鹿島は農業の島だと言う、島では蜜柑が作られる。その蜜柑は船に積まれてここから出荷されるのだろう。また農業で使われる道具や消耗品もここから荷揚げされているのかもしれない。

鹿島も竹島のように、2つのコブがあり、その真中にはいわゆる“鞍部”が存在する。
絶好の上陸ポイントだと思っていたが、海上には漁具が仕込まれておりカヤックで接近が難しい。すぐそこには小屋もある。人影は見えなかった。

ちなみに鹿島は以前、2つの島だったそうだが、この2つの島が砂洲で繋がってひとつになったと言う事だ。

シーカヤックにおける鹿島の数少ない上陸ポイントだと思われる。民家すぐそばの潮間帯(ちょうかんたい)。

島の民家が見えてきた。潮風に当たり続けた事で色が抜けたような、そんな灰色をした民家が並んでいる。

民家のドアは大きく開かれて、干してある服などが見えた。
風通しが良さそうで、気持ちよさそうだ。
同じ長崎県でも、島の生活は我々のそれとは全く違う事が瞬時に理解できた。

いつか上陸してみたいと思いながら、島の南側を進み、民家から離れて行く。

ネットで鹿島を調べると、漁船をチャーターして上陸している方のホームページを見る事が出来た。勝手に上陸しても怒られないのかもしれない。

※島の南側の海、海底まで2mほど、透き通って海底がよく見える。

見ていると魚のチヌ(たぶん)がのんびりと泳いでいる。

島の緑を反射して、美しいエメラルドグリーン。

水面も穏やかで、漕ぎをやめると、シー・・ンとしている。
潮の香りと、島のそびえ立つような緑が深く印象に残った。

そのまま島の西側へと回り込み・・。

崖の様子、竹島と同じ地質のようだ。
島の西側にある印象的な露岩(?)この岩はgoogle earthでも確認できる。

小魚が飛び跳ねているところを辛うじて撮影する事が出来た(上の写真)
写真で見ても面白くないかもしれないが、実際に目で見ると、良いものを見た気になる。
あちこちで群れが飛び跳ねていた。

時計を見ると3時を回っていた。
帰る事にする。

漕ぎつつ横目で竹島を眺める。
あの島に立った・・という、ただそれが嬉しかった。

そこから静かな大村湾を進んだ。
この場所からはいまいち“どこから出発したか”がわからない。
だいたいの方向はわかるので、そちらへ漕ぐ。

ちなみに地図は持ってきてない。
そんなものは必要がない。
大村湾は四方に陸があり、すぐに方角がわかる。
でも、もしかしたら、濃霧でホワイトアウトしたりする事もあるんだろうか。
その時はコンパスを見ながら進むしかない。

長崎空港はよい目印になる。また島も良い目印になる。

左手を見ると・・海上に雨が降り注いでいた。
あそこだけ雨が降っているのだ。

海上で雷雲が近づいてきたらどうしたら良いだろう。逃げるしかないのだろうか。

出発地点の波止に到着。家族連れが遊んでいた。
なんとなく誇らしい気持ちで、カヤックで近づくけど、まったく反応なし。

波止の突端ではなく、波止の根本に小さい浜があったので、そちらへ漕いでみたが、海底の岩でボトムを擦りそうだし、水が汚かったので、波止の突端へ漕ぎ直して足を濡らしながら上陸。この日の行動を終えた。全身塩まみれの気分でバイクに乗り帰った。

最後に当日の海水温を参考までに。

Copyright © 2021 趣味に生きる All rights reserved.