登山

2020年10月31日(土)

国見山・八天岳で登山

2020年10月3日に歩いた。

この日歩いた国見山や八天岳は長崎県と佐賀県の県境にある。
下の地図を見ていただきたい。

この位置、北松浦半島のほぼ中央に位置している。
八天岳と国見山(この山域を国見山山系とも言うらしい)稜線の向こうは佐賀県である。
拡大可能である

ガイドブックを参考にして、上宇戸バス停を目指したのだが、バス停そのものが無かった。ガイドブックの情報が古かったのかもしれない。そこでバイクで直接郷美谷池へ乗り付けた。この池には駐車スペースもあるので、マイカーでのアクセスはここから歩くのが最適だ。

郷美谷池(ごみたにいけ)は灌漑目的で作られた土堰堤である。
湖面は静かで緑が深く良い場所だ。

昭和16年に作られたという洪水吐を跨ぐ橋が良い味を出していた。

参考になるリンク:ダムの訪問記

駐車場にバイクを停めておく。
登山口は駐車場から直接入ってゆける。オサイ峠へ向かう道標に従う。
道は明瞭についており迷うことは無いだろう。

しばらく歩いてゆくと、オサイ峠へ到着する。

オサイ峠にある神社、オサイ観音堂

相ノ浦と有田を結ぶ峠で、戦国時代に山本右京が西有田の唐船城主 有馬五郎の謀反を相ノ浦の飯盛城に注進のため、この峠を越したが臨月の妻オサイはこの地で力尽き亡くなった。里の人はこれを哀れみ御堂を建てオサイ観音と呼んだ。

椅子や机もあり憩いの場所である。

オサイ峠から道標を見て進み、八天岳へ。

八天岳の山頂は周辺は森に覆われており展望は無い、山頂にはフェンスで覆われた施設がありこれは『違法電波』の監視所である。
またこの周辺は大戦中は高射砲陣地の跡地でもある。

※山頂にあった案内板より転載 

旧佐世保海軍警備隊八天岳高射砲台跡
八天岳高射砲台は佐世保軍港の最も東を守る高射砲台であり、伊万里市方面から軍港上空に侵入する敵機を迎撃するため、昭和14年(1939)に建設された。当初は3年式8cm高射砲2門と90式空中聴音機1基、90cm探照灯1基という装備であった。これらの装備は太平洋戦争開戦時には既に旧式化しており、戦争後半には敵機に対して有効な反撃ができなかったことが記録されている。そのため終戦直前には10年式12cm高角砲4門に強化された。この高角砲も旧式ではあったが、3年式8cm高角砲より遥かに高性能であり、陸上戦にも転用が可能という特徴があった。

佐世保市教育委員会

90式空中聴音機が気になったので調べてみた。
空を飛んでくる敵機を音で発見する兵器なのだろう(たぶん)

昭和天皇の観閲を受ける陸軍の九〇式大聴音機
なにかの施設跡があちこちに見られる。

この後は国見山へ向かう、八天岳から半舗装された道を下って行く。

途中にみられる砲台道、軍用の車両が走るための舗装だろうか?

途中は道の傍ら小川が流れている。

よく見ると小さい魚も泳いでいた。
石灰岩っぽく見える。

ガイドブックを見ながら、林道を歩き登る。

ガイドブックが無いと間違えそうな分岐。

栗ノ木峠に到着

峠には、祠や取水場がある。

栗ノ木峠の水場は、溶岩流からの湧き水と聞いていたので、期待していたのだが、水場はこのような状況である。

蓋がされており・・
湧き水が溜まっている。

綺麗な水なのだろうが、これは飲むのは勇気がいる。
ちょっと飲んでみたが、美味しい水であることは間違いない。

国見岳直下、お手洗いと、駐車できそうなスペースもある。

山頂直下からは階段を使って一気に50mほど登ると、上部は丘陵上になっており進むと展望台が見える。ここが国見山の頂上だ。

国見岳山頂、展望台がある。
三角点もある、『国見岳一等三角点』となる。
展望台の下にはベンチ
展望台の上の様子

展望台からは背振山なども見えるそうだが、霞んでいて遠くが良く見えなかった。

展望は・・この日はちょっと微妙かな。

国見山は、北松浦半島と佐世保市の最高峰で標高は776.2m。
北松浦県立公園に指定されており、長崎県では国見山だけにヤマアカガエルと、ブチサンショウウオの姿を見る事ができる。生物相も豊かな山である。

昼ごはんは今日はパンと水

国見山からは、歩いてきた道を戻って(ピストンして)郷美谷池へ戻る。

アサギマダラが見られた(写真中央の蝶)
郷美谷池へ。

充実の山歩きであった。さあ、どんどん登って行こう。

Copyright © 2021 趣味に生きる All rights reserved.