カヤック

2022年08月03日(水)

南九十九島の出艇場所を見てきた。

これまでは大村湾を中心にあそんできたわけだが、少しづつでも活動の範囲を広げてゆければ、と思っている、具体的には諫早湾、九十九島、橘湾、有明海あたりだろうか。

今年は島を目指すのも楽しいのだが、もっと純粋にカヤックを漕ぐ事も楽しんでみたいと思っていて、今まで漕いだ事のなかった九十九島へいってみたいと思っている。

という訳で、カヤックの出艇場所として使えるらしい、南九十九島の『白浜海水浴場』と『鹿子前海水浴場』が実際にどんな場所なのか下見をする事にした。

まずは『白浜海水浴場』へ行ってみた。

砂浜が綺麗で外人さんたちで賑わっている。駐車場、お手洗いもあるので便利そうだ。

冲をみれば、大きい米軍の補給艦が浮かんでいて、これは佐世保を感じさせる。

近くにある看板を見ると、『プレジャーボート、サーフィン等の乗り入れ禁止』とある。“等”にカヤックは含まれるのだろうか?

ちなみにこの日はカヤックを漕いでる人がいた。一応こう言った文言が書いてあると言う事は頭に入れておきたい。たぶんカヤックは平和な乗り物だと思うので大丈夫だと信じたいのだが、海水浴客が多い場合はカヤックを出すのは難しいだろう。なお、釣りは禁止との事。

注意書き

ちなみにこの海水浴場の駐車場の裏?にも浜がありそうで見てきたのだが、立ち入り禁止のため断念。

米軍の土地なんだろうか?

総括としては、本当にここ(白浜海水浴場)はカヤックを出していいのだろうか、よくわからない。と言う事になった。要注意である。

さて、次にやってきたのが『鹿子前海水浴場』

Google Maps などで検索する際には『九十九島うみかぜ広場』が探しやすいかも。こちらは車はシーパール・リゾートの駐車場に停められる、バイクは駐輪場がある。

お手洗いなども近くにある。シャワー室は閉鎖されているようだ?あまり大きくは無いが、フォールディングカヤックを組み立てられる芝生の広場もあり便利。

『鹿子前海水浴場』

九十九島でカヤックやSUPで遊ぶなら、最初はこちらが良いかもね。

ちなみにこの日は2艇のカヤックを見た、全く同じカヤック(WATER FIELD KAYAKS製)・装備だったので、どこかのクラブかもしれないが、僕とはちがって筋肉ムッキムキで日焼けした海の男という感じだったな。ちなみに今思えば彼らはシーフラッグは使っていないようだったが・・・まぁ、全くとやかく言うつもりはない、いちいち細かい事をあげつらって他人を攻撃するというこの最近の風潮にはうんざりしているのだ。

シーカヤックをご利用の方は必ず『パドラーズフラッグ』をご使用ください、と書いてある。

パドラーズブラックは九十九島ビジターセンターで無料レンタルできるらしい。

そんなかったるい事はやってられないので、僕はこの後自宅に戻ってから、すぐにモンベルでフラッグを注文しておいた。

Copyright © 2021 趣味に生きる All rights reserved.
This blog is written by ????