カヤック

2021年07月02日(金)

大村湾 漕査 第21レグ(江上浦)

2021年6月6日に漕ぐ。
今日は大村湾の最北に位置している江上浦を漕いで遊んだ。

地図は拡大可能。

前回の漕査では針尾東町に小さな港を見つけたが階段が急でカヤック遊びには使いにくいため、出艇場所として近くにある小さな浜を使う事にした。

針尾東町の港から東に670mの場所、カヤックを組み立てられるスペースも十分にあった(スタート地点について地図を参照)

出艇の準備ができ、カヤックを浜へ降ろす。

さあ行こうか・・と思っていると、ちょうど8時になったのだろう。どこからともなくアメリカの国歌(星条旗)が流れてきた、ここは佐世保なので近くにアメリカ軍の基地か宿舎があるのだろう。しばらく聞き入っていたが、それが終わると2曲目が始まりそれが日本の国歌だった。在日米軍は毎朝日本の国歌も流してくれているのかな?

さあ、行こう。

さあ出発だ。カヤックを押し、足を海に入れてカヤックに跨る。
何の抵抗もなく滑るように浮かぶカヤック。
波の無い江上浦はまるで鏡のように静かだった。

これぞ凪という感じの江上浦。

江上浦は波静かな大村湾でも特に静かな場所として知られているようだ。

その昔、風の力を借りて船舶が走っていた時代には、この場所は風が吹かないこともあって船乗りは苦労をしていたと言う、人々は風の無いそんな江上浦を『泣き浦』と呼んでいたそうだ。

釣用のイカダも浮かんでいたが、まだ釣り人の姿は無い。

ここからは時々適当にルアーを投げながら、北の湾奥へ向けて進んで行く。カヤックの上からルアーを投げるのも少しだが慣れてきた気もする。

江上浦のリフレクション。

途中左手に民間が見え、外国人の親子の姿が見えた。漕いでいると父親から「コンニチハ」と挨拶されたので、こちらも挨拶を返す。見ると小さな子供が僕をじっと見ていたので、カヤックの上から手を振ると、こわばった子供の顔もパッと明るくなり手を振り返してくれた、ただそれだけなのに、なんだかほっこりとした気持ちになれた。

それ以上は馴れ合う事も無く、振り返らずに真っ直ぐに漕いでゆく。

海岸線は適度にくねっており、奥まで漕いで見る。
西海パールラインの橋の下を潜って進む。

西海パールラインの橋脚の下あたりでルアーを投げてみた、なんとなくだけど、魚はこういう構造物の近くにいる気がする。5回ほど投げたところチヌを釣り上げる事ができた。サイズは39.5cm、タモがあって良かった。

あまり大きすぎると持って帰るのが大変だ。
装備軽量化のため最近はダイソーのクーラーボックスを持ってきているのだが、これに入りきれないので困った。どうやって持って帰ろう・・・。
途中みつけたスロープ。上陸して休んだ。

途中は江上浦の島、弁天島を通過する。

島の周辺は浅場になっており、藻場も多くチヌが集まってきている。エサを食べているのかチヌは身をよじらせている。水面を叩く所があちこちから聞こえてくる。

江上浦、唯一の無人島、弁天島。

この日は行程が長そうなので、漕ぐ時は頑張って漕いでメリハリをつける必要があった。

存外早めに江上浦の最奥までやってくると、砂浜と海岸があり上陸して足と腰を伸ばす。

海の最奥の場所はゴミが集まりやすいのか、海水も泡立っておりあまり綺麗な浜では無かった。

江上浦の最奥に到着。
上陸可能な浜。水質に問題があるのか波打ち際は泡立っていた。
階段を登った所。車を駐車できそうな所はパッと見たところ無さそう。

さあ、引き換えそう。

江上浦の最奥から折り返して南下する。ふと振り返ってみると男性と女性が民家から出てきて岸壁に腰を下ろしているのが見えた。

遠くなのではっきりとはわからないが、僕のカヤックを見に出てきたのでは無いだろうか?と思った。

江上浦は水深が浅い所も多い。何度か底を擦る。
カヤックのボトムと海底まで数センチ。こういう時僕は少しだが焦る。
また廃船も所々で見られた。
海の上に庇(ひさし)のように張り出した木々。大村湾らしい風景だ。
ここが海である事を思わず忘れそうになる、湖のような大村湾だ。
干潮時現れる岩棚。
入り江の奥まった場所でみた大きい廃船。だれが責任をもって処理するのだろうか。

岸を観察して上陸出来そうな場所を探すが、なかなか良い場所が無い。だがこれは最初からある程度予想できていた事で、最悪は大島まで漕ぐつもりでいた。

西海パールラインまで戻ってくる。ちなみに左の島は『兎島』

江上浦の江上町の港へ入る、湾内に浜があり上陸してみると、カヤック遊びにも使えそうななかなか良い出艇場所であった。

浜があり、簡単に上陸可能。

この先良い場所がなければ、次回はここから漕ぎ出しても良さそうである。

浜と隣接する道路。

この後は湾から出て、大島と江上町の間の橋(江上大島橋)の下を通過して、大島にある港のスロープへ向かった。

江上町と大島の間の橋。

針尾島と他地域を結ぶ橋ではありませんが、針尾島と同じ江上校区の大島を結ぶ橋が1988年に完成しました。

 大島に住む人たちにとって「念願の橋」の完成でした。なぜなら、それまで大島に住む児童生徒は「手操り船」でロープを引っ張り、対岸の釜に渡り江上小学校に登校していました。

 橋の横の公園には記念碑と当時使っていた「船」が残されています。

 たかだか30数年前の出来事。大島の子どもたちは、大変な思いをして、それでも学校に通っていました。

佐世保市立江上小学校ホームページ
橋の下を通過すると、ハウステンボスも見えて来る。

今日は頑張って漕いだので、けっこう疲れてきたが、テンポ良く漕ぐ。

そして大島の港へ到達。小さな港にしては停泊している船の数が多く、雑多な雰囲気だ。

スロープがあるのでカヤックを寄せて上陸してみたが、目の前の民間の飼い犬に吠えられる。

雑種だが目の優しい犬でどことなく愛嬌のある顔をしている犬だった。吠えられるというのはあまり良い気はしないのだが、この犬も犬としての仕事を全うしているだけなのだろうな・・

狭い湾内に多くの舟が係留されている。
大島の港の様子。駐車場も広くて良いのだが。

この後は大島を時計回りで一周して最初の出艇場所へ戻ってきた。

浜へ戻ると午前中より潮が引いていたようで、浜も広くなっていた。

帰る準備をする。
本日の漕遊終了。

さて、次回だが犬に吠えられたスロープを使って漕ぎ出そうと思っていたのだが、なんとなく心も重いので、出艇場所をなにか考えないといけないと思っている。ハウステンボスの向こう側から漕ぎ出して、逆走する手で行くのもありかもしれないな。

Copyright © 2021 趣味に生きる All rights reserved.