カヤック

2020年09月06日(日)

大村湾 漕査 第16レグ(亀浦港〜宮浦港)

2020年8月16日に漕ぐ。

この日は恵美須鼻の漁村(亀浦港と呼ぶ事にする)から漕ぎ始めて、西彼町宮浦郷の宮浦港のスロープへと辿り着いた。

拡大可能

天気予報を見ると『熱中症注意』と言う事で、朝めいっぱい早起きをして出艇場所へ向かった。なるべく早く海へ出て、できるだけ早い内に戻ってこようという計画である。

今日は西彼町亀浦郷の亀浦会館の前から船を出す。会館にはお手洗いもあり、近くには商店もあるためカヤックの出艇場所として使いやすい。

地元の人に遠慮しつつ準備をした。

丁度船を出そうと思っていた場所に、精霊流しの船があったのだが、地元の人が朝早くやってきて船を回収していた。精霊流しの船には沢山の家名が書かれており、合同で船を出している様子だった。

出発の準備が整ったので早速漕ぎ始める。

今日は凪で静かな海だ。

早朝の静かな海に左右のパドルを交互に刺しながら進む、優しい風も吹いてきて実に気持ちが良い。

船は何の抵抗も無いまま、スルスルと思うように進む。
実にスムーズ。

港内のブイに無数の海鳥が停まっている。僕が近づくと一斉に飛び立つ。
左手に見えていた、無人島田島の事務所(?)
浮かんでいる小舟、右に見えている島は『高島』
海底が見える、魚の姿は無い。
朝の大村湾

亀浦郷の湾を出ると、遠くに山が見える、対岸の東彼杵町から大村市のあたりだろうか。

正面から太陽の光が射し、遠くの山は霞んで見える。
朝の大村湾、ほんとうに気持ち良い。

無人島の田島、レクリエイションな島として商業利用されている。
地蔵
宮浦郷の沖にある小さい無人島(島の名前は不明)

名前の無い無人島だけど、浜があったので上陸してみた。

西側から上陸する。
上陸点から東側を見る。
島は木々に覆われているが、ちょっと頑張れば中に入れそう。

無人島を後にする。

しばらく漕いでいると、正面にイゲ島が見えてきて、その右奥に『針尾無線塔』と、その左側に『西海橋』が見えていた。

イゲ島、西海橋も見えてきた。
左側はヒギレ島、右はイゲ島

海中を見ていると、アジ?の群れが泳いでゆく、透明度がそんなに高くない大村湾なので、群れの姿は霞んで見え、あっといういう間に見えなくなる。
なんだか幻を見ているようだ。

ヒギレ島と陸地の間には砂浜がある。

砂浜に上陸すると、すぐそこに階段があり、上の道路に出ることが出来る。

ここから上陸可能
道路に出てみると、カヤックの出艇場所としても使えそうな雰囲気。
現在の潮位は144cmらしい。このくらいなら砂浜を使ってカヤックを出すこともできそう。

潮位次第ということで地図上には『条件付き出撃可能』とプロットしておいた。

またこの後、宮浦郷で上陸可能な場所を発見。

上陸してみたのだが、私有地?っぽい場所でちょっと使いにくいと感じた。
また、海から突然現れた男を見て、近所の人から訝しい目で見られる。
特別悪いことはしてないと思うのだが、なんとなく居心地の悪さを感じる。

奥に僕のカヤックがある。

その後、本日の折返し地底である『宮浦港』へと入ってゆく。
港内ではエギングをしている人などがいたので、気をつかって漕ぐ。

宮浦港
一番奥に大きいスロープがある。

宮浦港もカヤック遊びでは比較的使いやすい場所だと思う。
まずスロープの目の前に酒店があり、自販機があるため水の調達が容易だ。

リアルゴールドを飲んだ。
スロープの近くにはバス停もある。
スロープの隣にある宮浦会館

こちらの会館ではお手洗いを使えなそう。

次回はここから出発する事にして、折返して出艇場所へ戻った。

宮浦湾を漕いでいると、60〜70cmぐらいの魚が5〜6匹泳いできて、カヤック下に消えた。「ぬおっ!」と思わず変な声が出てしまった。
何の魚だろうか、シーバスかなぁ・・(?)

今日は海が穏やかで遊びやすかったな。

帰りながら手釣りをしてみたのだが、エソしか釣れない。

帰ってきて、亀浦の湾内でカブトガニをみかけた。

ひっくり返っていたので(ように見えた)死んでいるのかもしれない。
また海底を良くみると大きい貝が海底に突き刺さっている。
タイラギ(タイラガイ)かも知れない。

出艇場所へ戻ってくる。
後片付けをして帰る。

うだるような暑さで、アルミフレームも熱を持ってそうだったが、思ったほど熱くは無かった。

後片付けをして丁寧にパッキングして帰る。

ここでいい加減にパッキングすると、荷崩れを起こして余計に面倒な事になるので丁寧にやる。

この後、バイクで走って帰ったが、途中で自販機をみつけて、スポーツドリンクを買いその場で一気飲みほした。

Copyright © 2021 趣味に生きる All rights reserved.