カヤック

2019年09月11日(水)

大村湾 漕査 第9レグ(時津町日並郷〜長崎市琴海村)

2019/8/18、悪天候と私用が重なりカヤックを漕げる時間が少ない。
この日も前回の続きで、時津町日並郷の名称不明港から出艇した。
折返し地点を決めずに漕げるだけ漕いで、具合の良さそうな上陸地点を探す。
最終的に長崎市の琴海村松町へ到達し引き返した。

ところで大村湾の一部が長崎市であることが少し意外に思えた、琴海村は西彼杵郡の琴海町が2006年に長崎市に編入されることで誕生した町なのだそう。

クリックで拡大可能

今日のスタートは時津町日並郷にある小さな港だが、ちょっとした注意点があったので書いておきたい。

港のすぐそこに国道206号線の橋がかかっている。その橋の下はちょっとした公園のようになっており、年配の方がゲートボールなどを楽しまれている、その公園に隣接するように芝生の空き地あるが、この部分は公園の一部では無く私有地だ。

公園に隣接しているため、公園の一部(駐輪場?)などと間違えそうだが、ここは私有地なのでカヤックで遊ぶ時には使わないようにしていただきたい。

港には大きなスロープがあり、その脇にちょっとした空き地があるので、そこでカヤックを組みたてた。

大きく緩やかなスロープがあり、利用して船を出す。

真夏のカヤックは曇空が嬉しい。

港から出るとすぐに無人島の鷹島が見えた
今日の海は凪に近い、鏡のような水面になってほしい。

最初の港を出てすぐに浜があり上陸してみる。

どこかに通じているか、調べてみたが、どこにも通じてない?
若者たちがどこからか現れて、民家の方へ消えていった。

透明度が高い、海底もよく見える。のぞいてみるとヒトデやウニが見える。
次に訪れたのが『琴ノ海海水浴場』だ。
上の写真で左側の砂浜がそれ。

この浜には上陸していないのだが、近くに各種マリンスポーツの営業施設があり、雑多な雰囲気である。廃墟もあり(上の写真で右側の建物)雰囲気があまり良く無い。この浜が使えるかどうかわからないが、全体的に近寄りにくい雰囲気を醸し出していた。

時津町の『赤﨑』でみた古い港

港には見えないのだが、朽ちた階段などがあり、古い港の雰囲気を醸し出している。

朽ちた階段、その先には道も無く、木々が生い茂るだけだ
こちらは『田ノ浦海水浴場』(写真右側の浜)
田ノ浦海水浴場へ上陸した。

カヤックで上陸すると、近くの公民館の窓に子供たちが集まっていた。
海から現れた男を何者か?と観察している様子だった。

カヤックで無人島の『前島』へアクセスするには良い場所かもしれない。

ちょうど漁師風の若者がやってきて、海へ空身で入ってゆく、写真を撮影していると戻ってきたので、この周辺で駐車場があるかを聞く。
返ってきた返事は駐車場は無いのだが、この辺りで駐禁をとられる事はほぼ無いとの事だ。交通の邪魔にならない、地元の人に迷惑をかけない、常識的な範囲で、駐車禁止では無い場所を探して車を停めれば問題はなさそうで、カヤック遊びの出発地点として、なかなか良さそうだと思う。またこの港(海水浴場)は無人島の『前島』にも近い。

無人島の『前島』
こちらはまた別の小さな港の小さな浜、工夫次第ではカヤック遊びでも使えそう。
中山ダムへ通じている細い水路にも入ってみるが、すぐに遡上の限界に達する。
こちらも時津町の港、大きなスロープがあり上陸しやすい。
この港は大きい空き地もあり、カヤックの出艇準備もできそう。
SUPに乗っている人たちの姿もみられる。凪いだ海の上を楽しそうに漕いでいる。
前島の隣にある『焼島』、小さな浜もあり上陸も出来そう。
一番左が『焼島』、前島との間に見える島(写真中央)は、さだまさしさんが所有している『詩島』(上陸不可)だと思われる。
途中いくつかの浜をみかけるがカヤック遊びには使えないだろう。上陸して休む事はできる。

そして時津町から脱して、長崎市西海町へ入る。

そのまま西海川へ入って調べる。
西海側の遡上限界へ達する。

西海川から出て北上してゆくと、長崎市琴海村松町に階段状の岸をみつける。

カヤックでも上陸可能。
名前もよくわからない小さな港だ。

今日は十分漕いだので、次回はここからスタートする事にしてここで引き返す。

車を停めてカヤックを組み立てる事も出来そう。
とりあえず、昼飯はパン。
ただひたすら漕いで最初の港へ戻る。
今日もよく遊んだ。

カヤックを分解していると、近所の男性に話しかけられる。しばらく話す。
男性の話しでは、大村湾は昔はたくさん魚が捕れていたが最近はめっきり魚が減ってしまったそうだ、その理由は漁師が小さい魚まで根こそぎとってしまうから・・なのだとか、この話しが本当かどうかはわからない。大村湾の水質の悪化とヘドロやゴミの堆積によって海底の環境が悪化した事も原因なのだと、そういう学者さんの話しも聞いた事がある。

さて、この後だがみなさんもご存知のとおり(?)九州北部は大雨と長雨が続いた。3週間ほどカヤック遊びが出来ない状態が続く。

Copyright © 2021 趣味に生きる All rights reserved.