カヤック

2019年12月09日(月)

大村湾 漕査 第11レグ(裸島〜長浦郷)

ホームページの更新が滞っている。仕事と野暮用と遊びで忙しい。
今回は大村湾 漕査 第11レグ、裸島から漕ぎ出して形上湾を目指した。
結論から言うと型上湾には到達できてない気がする(どこからどこまでが正確に形上湾なのか不明というのもある)

GPSでの航跡、拡大可能

今シーズンは最低でもこの形上湾を漕ぎ抜けておきたいと思ったのだが、そこまで到達できなかったので残念ではある。

裸島の小さい港から出艇する。

当日はあまり天気はよくなく、いちおう予報では曇り。
直射日光が当たるよりはずっと良いので漕ぎやすい天候とも言える。

港の様子

カヤックを手際よく組み立て出発。
自分はバイクを近くにとめて空き地で組み立てたが、車を停める場所などはなく、基本的にはカヤックの出艇には向いてない場所だと思う。

漕ぎ出す

まずは湾を出て北上する。前回は風と波が強かったが今回は穏やか。
左手に私有地の砂浜など見送り漕ぎ進め、軽快に岬を周って進んだ。

小さい島と遭遇。
近寄ってみると、意外と植生も豊富。
こちらは有人島、名前はわからない。

小さな島に小さな家が建っていた。鉄鎖が張ってあり暗示的に立入禁止を主張している。このような島を所有できるのは羨ましい。

こちらはパサージュ琴海ホテル(だと思う)

ホテル近くの浜に上陸してみる。
海水浴が楽しめそうな雰囲気で、近くには自販機とお手洗いがある。
駐車場にはロープが張ってあり利用できない。カヤックで遊びに使えるかは不明だが(たぶんダメだろう)上陸をして缶コーヒーを飲んだり、お手洗いを利用させてもらうぐらいなら文句は言われないはずだ。

上陸可能な浜の様子。
浜の近くには『西海町のアコウ樹』もある。

ふたたび海へ漕ぎ出す。

雲の隙間から光が差し込んでいる。いわゆる『天使の階段』

カヤックを漕いでいると、雲間から太陽の光が漏れ差し込んでいる。
漕ぎをやめてしばらく見つめていた。
山の上から見るものとは、また違った趣がある。

次にやってきたのがこちらの浜。
上陸してみる。

ここが何なのかよくわからないのだが、綺麗に芝が植えてあり、奥にはロッジ風の建物が並んでいる。キャンプ場のようだが。パサージュ琴海の関連施設かもしれない(何かわかったら追記したい)

えらくゆったりとした場所である。

この浜にもお手洗いが近くにあったのだが、たぶん使っても怒られる事は無いと思う(責任はとらない)

さらに進む。
穴があったので洞窟かと思って近寄るとあっち側に貫通していた。上の地図では大瀬崎にあり、『穴』とプロットしてある。

しばらくの間、パサージュ琴海アイランドGCの沿岸を漕ぐ。

無人島の『大小島(おおこじま)』

大小島は帰りに裏側を通ってみたが、上陸できそうな浜もあった。

少し雨にふられる。

ちらちらと雨が振ってくるが、カヤックで火照った身体には気持ちが良い。

琴海の戸根郷へ到達、海から見ると静かで良い場所だ。
見事な凪
隅々まで漕査する。
造船所らしい建物
長浦町にある海の上の祠
何の神様かな
手崎川へと入る
遡上限界まで漕ぐ

川を下っていると、今度は強い雨が振ってきた。

橋の下に避難する。雨雲レーダーアプリで確認するとしばらくすれば雨雲が通過しそうだったので、ここで待つ事にした。

カヤックに乗って橋の下で雨の通過を待つのもそんなに退屈では無い
手崎川から出て、広い浅瀬に注意しながら進む。
長浦郷に階段状のスロープをみつける。
上陸する。

丁度良いぐらいの時間なので、今日はここで引き返す事にする。
次回こそはこの場所から漕ぎ始めて、間違いなく形上湾へ入れるだろう。

この場所の素晴らしいのはすぐそこにコンビニがあると言う事だ。

昼飯を買う。海の上でラーメンを食す。
帰り、稚魚の群れを見る
洋上の謎の柱など観察して帰る
裸島の港へ戻ってくる

この後だが、やはり天候と(仕事などの)タイミングも良くない事から私のカヤックはオフシーズンへと入った。もっと沢山漕ぎたいと言う気持ちはあるが、今年は全体的に天候が悪く海へと行ける回数も多くは無かった。

来年は 3月か4月頃から、天候を見ながらカヤックを再開させ、大村湾の漕査を引き続き行いたい。形上湾を超えてゆけば漕査も半分はこなした事になると思う。

Copyright © 2021 趣味に生きる All rights reserved.